ブーボーのトレーディングキット
現在の閲覧者数:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【オススメできない経済指標】

オススメ出来る経済指標というのはありません。
これは、
・経済指標結果(前回・予想・結果のかい離)
・前後の経済指標
などで、動きが変化してしまうためです。

しかし、オススメ出来ない経済指標はあります。

※要人発言※
 『DailyImpact』は,経済指標発表時刻の突発的な動きを狙います。
 要人発言は、予定としている時間からずれる可能性が高い。
 更に,他の経済指標に比べて明確な数値が無く、
 発言内容は、解釈によって良くも悪くもとれてしまい、
 突発的に一方向へ動きにくいです。
 リスク軽減の為に、トレードしないことをオススメします。
  
※FOMC政策金利※
 アメリカの経済指標の1つ。
 経済指標の中で、影響力が高い指標にあたります。
 毎回といって良いほど大きな幅で振動します。
 スプレッドも広がりやすい。
 リスクを下げるために、ストップロスを小さくすると、
 両建てになり、両方ともストップロスという
 ダブルパンチを受けます。(何度も受けました)
 なので、この経済指標はオススメしません。

私たちが何度も痛い目を見ましたので、
やらないことをオススメいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ネットで稼ごう! - ジャンル:株式・投資・マネー

【指標時間自動取得について】
大半の経済指標は事前発表どおり行われます。
しかし、直前でスケジュールが変更されることもあります。
経済指標の時間を自動取得することは実現可能な機能ですが、
スケジュールがいつ変更されるかわかりません。
このため、指標発表時刻をユーザに指定していただくことにしております。

テーマ:MT4自動売買 - ジャンル:株式・投資・マネー

先日は、たくさんのアクセスありがとうございました。
アクセス増加の理由を調べた所、「とあるMetaTraderの備忘秘録」にて、
2010-01-17の本文内でリンクしていただいたようです。


記事の中で触れられているように、バックテスト・デモ口座での運用結果は、
リアル口座の運用結果と異なることがあります。

理由としては、約定の仕方、値動き、スプレッドなどが違うことがあるからです。
また、バックテストでは固定のスプレッドを使用し、ティックが仮想的に作られるため、
オンラインで取引した結果と違ってきます。
特に経済指標トレード(ニューストレード)では、経済指標発表時の急激な動きに対して
取引を行うため、その時間での値動き・スプレッド・約定力が影響してきます。

このため、経済指標トレード向けのEAである『DailyImpact』は、
バックテスト(テスター)・デモ口座・リアル口座、それぞれでの運用結果が異なることが多くなります。


当方では、デモ口座のみで使用可能なダウンロード版を
以下のような位置付けで配布しています。

1.実物に触れることで、どのようなEAか知っていただく

 『DailyImpact』は、完全自動売買EAと異なり、半自動・半裁量EAです。
 チャートの動きや経済指標結果を見ながら、使用者の裁量でパラメータを変えることで、経済指標トレードを行います。
 デモ口座でお試ししていただくことで、使用感を確かめ、トレード方法を考え、
 十分に納得した上で、リアル口座で使用していただきたいと考えています。
 試すことなく、いきなりリアル口座でトレードを行うことは、危険なことだと考えています。



2.リアル版のベータテストとして

 『DailyImpact』には、多くの機能が含まれております。
 当方でフォワードテストをしていますが、使用していただく
 全ての環境に合わせたテストはできないのが現状です。
 ダウンロード版という形で提供することで、運用予定の環境において
 事前体験を兼ねてテストしていただけると考えています。




リアル口座のフォワード結果は、関係者ブログ上で紹介しております。
よろしければ、ご参考ください。



[設計者(Dr.ヘパ)の経済指標トレードに対する考え]
セミオートEA:DIV21を使った経済指標によるトレードの見解、その1
[販売者(麻都りく)の半裁量EADailyImpact』に対する考え]
ブーボーのトレーディングキット

テーマ:MT4自動売買 - ジャンル:株式・投資・マネー

DailyImpact は、経済指標トレード向けのセミオートEAです。
指標時刻・仕掛け/手仕舞い時間などのパラメータを指定して使用します。
ユーザが指定したパラメータに合わせて、逆指値注文を行い、トレードを行います。

図1 経済指標トレード向け セミオートEA『DailyImpact』 複数起動時のキャプチャー[図1:経済指標トレード向け セミオートEA『DailyImpact』 複数起動時のキャプチャー]

通貨ペアとランタイムIDにより、ポジション管理をしていることにより、
 ・同通貨で複数のEA
 ・複数の通貨ペア

を起動することが出来ます。(図1:GBPUSDx2 USDJPY, EURGBPの4通貨)



図2 経済指標トレード向け セミオートEA『DailyImpact』 表示部分
[図2:表示部分]

チャート上にステートアイコン、パラメータ類の表示をさせることにより、
EAパラメータやターミナルを確認することなく、チャート画面上で確認できます。

図2の赤い囲み右上は DailyImpactに指定したパラメータ類。
右下は指標発表時刻(時差)と EA のステートアイコン類になります。
同時刻に複数のEAを起動するときに便利です。
図1を例にすると...
 タイムステート→3(指標時刻過ぎ、未約定キャンセル前)
 ポジションステート→USDJPYが [BuyStop & SellStop] , その他が [Sell & BuyStop]



図3 経済指標トレード向け セミオートEA『DailyImpact』 RuntimeName と コメント部分
[図3 RuntimeName と コメント部分]

RuntimeName はユーザが自由に指定でき、名前が注文コメントに使用されます。
取引や口座履歴で、トレードの結果を区別するのに役立ちます。
(図3:設定したRuntimeNameが注文コメントに付加されています)


その他、主な機能として、以下のようなものがあります。
 ・逆指値注文のリトライ機能
 ・有効期限の指定(セーフティーとして)
 ・トレイリングストップ機能
 ・同値ストップ機能
 ・ギャップ発生時の StopLoss/TakeProfit の補正機能
 ・各種ライン表示など


機能詳細は、別記事にいたします。

テーマ:MT4自動売買 - ジャンル:株式・投資・マネー

ダウンロード版配布開始から数日が経ちました。
使用していただけた方、使用感などは如何でしょうか?
ダウンロードを見送られた方、どのような点が気になったでしょうか?
ご意見を頂ければと思い、アンケートを設置いたしました。

投票結果は、非公開にしてありますので、
率直な、ご意見・ご感想を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。
コメント・メールでも受け付けております。

今後のページ作りなどの参考にいたします。
お手数ですが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。