FC2ブログ
ブーボーのトレーディングキット
現在の閲覧者数:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セットアップ・ロー・プライス

 DailyImpact のパラメータのひとつ。
 仕掛け価格の下値を指定します。
 入力範囲は、ありません
 動作は、マイナス値、0、プラス値で動作が異なります。

 0(初期値)
  SetupMinuteで計測された下値を適用します。
  (オートモード (A) が表示されます。)
 プラス値
  入力された値をそのまま適用します。
  (マニュアルモード (M) が表示されます。)
 マイナス値
  SellStopやSellの注文を行わないようにします。
  (トレードを行わない (x) が表示されます。)
  マイナス値は、約定済みの注文にも適用されます。
スポンサーサイト
セットアップ・ハイ・プライス

 DailyImpact のパラメータのひとつ。
 仕掛け価格の上値を指定します。
 入力範囲は、ありません
 動作は、マイナス値、0、プラス値で動作が異なります。

 0(初期値)
  SetupMinuteで計測された上値を適用します。
  (オートモード (A) が表示されます。)
 プラス値
  入力された値をそのまま適用します。
  (マニュアルモード (M) が表示されます。)
 マイナス値
  BuyStopやBuyの注文を行わないようにします。
  (トレードを行わない (x) が表示されます。)
  マイナス値は、約定済みの注文にも適用されます。

MT4において、Pointとは、取引レートの最小単位です。
4桁/2桁の場合:1point = 0.0001 / 0.01
5桁/3桁の場合:1point = 0.00001 / 0.001
となります。



関連記事:DailyImpactにおいてPointを採用する理由
用語集インデックス(分類版)
(リンクされていますが、下書き状態の記事があります。)
[DailyImpact]
-パラメーター類(Parameter)-
 RunTimeName
 RunTimeNumber
 UnitLots
 SlippagePoint
 PublicationTime
 TimeDiffernce
 SetupHighPrice
 SetupLowPrice
 SetupMarginPoint(下書き)
 StopLossPoint(下書き)
 TakeProfitPoint(下書き)
 TraillingStopPoint(下書き)
 SetupMinute(下書き)
 PendingStartMinute(下書き)
 PendingCancelMinute(下書き)
 PositionCloseMinute(下書き)
 EquivalentStopMinute(下書き)
 CorreceGapStopLossMinute
 CorrectGapTakeProfitMinute
 ShowObjects(下書き)

-オブジェクト類(Objects)-
 OrderState
 TimeState
 ParameterArea
 Setup Start(下書き)
 Pending Start
 Publication
 Pending Cancel
 Position Close
 Date Switch
 Equivalent-Stop Start
 Setup High
 Setup Low
 Buy Stop Order
 Buy Stop S/L
 Buy Stop T/P
 Sell Stop Order
 Sell Stop S/L
 Sell Stop T/P
 Lots = パラメーターの UnitLots と同じ。
 SetupHigh = パラメーターの SetupHighPrice と同じ。
 SetupLow = パラメーターの SetupLowPrice と同じ。
 SetupMargin = パラメーターの SetupMarginPoint と同じ。
 StopLoss = パラメーターの StopLossPoint と同じ。
 TakeProfit = パラメーターの TakeProfitPoint と同じ。
 TrailingStop = パラメーターの TraillingStopPoint と同じ。
 Slippage = パラメーターの SlippagePoint と同じ。
 SetupTime = パラメーターの SetupMinute と同じ。
 PendingStart = パラメーターの PendingStartMinute と同じ。
 PendingCancel = パラメーターの PendingCancelMinute と同じ。
 PositionClose = パラメーターの PositionCloseMinute と同じ。
 EquivalentStop = パラメーターの EquivalentStopMinute と同じ。
 CorrectGapS/L = パラメーターの CorrectGapStopLoss と同じ。
 CorrectGapT/P = パラメーターの CorrectGapTakeProfit と同じ。

-Other-


[MetaTrader4]
 Point
 MinLot
[FX]
 約定
 逆指値注文
 経済指標
 ファンダメンタルズ

[Other]

テーマ:MT4自動売買 - ジャンル:株式・投資・マネー

タイム・ディファレンス

 DailyImpact のパラメータのひとつ。
 ユーザ側とサーバー側との時差を指定します。
 計算式は、以下の通りです。

サーバー側の時間 - ユーザ側の時間 = 時差(符号付)


 上記計算結果で、そのまま入力していただければ、ご使用いただけます。
 入力範囲は、-12~+12 までです。(小数値の入力も可能)
 範囲外の場合は、24 を加算(もしくは減算)して、補正します。
 現時刻に時差を足すとチャートの現時刻になります。
 時差の入力に間違いが無いか、必ずチェックしてください。
 間違えると、仕掛けたつもりの無い時間で動作することになります。

 サーバー時間は、ブローカーのサーバーが何処にあるかにより違います。
 時差を指定することにより、Publication Time を日本時間で入力することができます。
 ユーザの馴染んだ時間で設定できるメリットがあります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。